トップ  |  戒名について  | 戒名料?  | 戒名のつけ方 | がんばれ仏教  

戒名料

戒名料・・・ なんて重い響きなんでしょう。

どうしよう。一般の方にとって一番悩み「戒名料」について知りたいところです。

まず、一番気になる「戒名料」について著書より紹介していきます。

■願行寺 管主の牛込覚心氏の著書「戒名の値段」P58 1:戒名の価格 のページには戒名の値段について次の通り記されています。


「この戒名を付けるとお幾らでしょう」と八百屋の店先で野菜の値を訊くように訊かれる事がある。
「信士・信女で30万円」「居士・大師で40万円から60万円「院居士・院大姉で60万から80万円」
「俗名で25万円」 これで通夜・葬儀・告別式・荼毘の送り・安骨・初七日忌の前倒し法事までを執行する。
1泊2日で、別途”お車代(駕料)が1日に1万円で2万円。
これは「戒名料」というよりも「葬儀料」葬儀布施といったほうがよいのだが、これが”相場”である。


続いてこのように記されています。

檀家の葬儀となれば、相談となってくる。5万円で葬儀をしたことがある。
(中略)葬儀の場所を貸し、通夜・葬儀をして、出せる金額が5万円であった。
私は迷うことなく、信女の号を授けた。寺院には、宗派で定めた「寺班」というものがあって、宗務本庁に納入する課金が、詳細に定められている。


■葬儀・戒名ここが知りたい 発行:大法輪閣 「戒名の値段」P230 山田享子ルポライター


具体的な数字を求めて、いくつかの寺院に電話取材してみた。

○本門寺(日蓮宗・東京都大田区)

「本願人制度」をとっています。寄付の額に応じて、お知らせいたします。戒名の格が決まっています。
本願人 50万円  
大本願人 100万円 9文字の院・信士・信女 
永代大本願人 200万円  
永代特別大本願人 500万円 9文字の院・居士

この4つのランクはだいたい同じ位の率でご寄付をいただいております。
新しく墓地を購入される場合は、墓石代のほかに200万円の寄付をいただき、9文字の院・居士となります」

○石原裕次郎の戒名は500万円だった
総持寺(曹洞宗・神奈川県横浜市)

「戒名のランクは決まっています。
▲信士・信女 20万円
▲居士・大師 40万円
▲軒号 60万円
▲庵号 70万円
▲院号 100万円

お布施の相場について

寺院から布施の相場を提示している例は少なく、葬儀社や知恵袋などを参考にするしかありません。
もしくは、檀家総代か直接ご住職や奥様に相談されるのもいいでしょう。



 戒名の会

戒名って高い?安い? 戒名には裏がある。戒名を安く授かる方法などが紹介されています。
著者:三浦尊明住職は、戒名を3万円でつけると公言し、様々なところから「戒名の安売り」だと
批判されながらも、すべてをホームページで公開し、多くの方が意見を寄せた掲示板がある。



「戒名を自分でつてもいいですか?」青娥書房刊

戒名を自分でつければ、無料です。しかし、戒名はそれでいいのでしょうか?
まず、自分でつけてみてください。なかなかつけられるものではありません。

なぜでしょう?本寿院 三浦尊明住職著


古谷式典株式会社のお布施の相場

岩見沢公益社の意見

冠婚葬祭知りたい講座

ヤフー知恵袋「布施相場」



本来、戒名料として、いわれる事自体が問題で、布施の精神が見失われてしまっています。
その布施は、寺院護持に必要とされるものです。その点はご理解のうえご参考下さい。

トップ  |  戒名について  | 戒名料?  | 戒名のつけ方 | がんばれ仏教  |